Welcome

モルダバイトのピアス/金具14kgf

25,300円(税込)

在庫状況 1ペア

購入数
ペア
■サ イ ズ 約全長21mm・最大幅16mm(金具部分含まず)
■重   さ 約2g(1つあたり)
■鉱   物 モルダバイト
■金   具 14kgf
■素   材 ホウケイ酸ガラス



モルダバイトのかけらたちがガラスドームの中で動きます。



【 モルダバイトについて 】

モルダバイトは伝説の中から人々の暮らしの中まで、はるか昔から私たち人間と共にあります。あのヴィレンドルフの女神像が発見されたときもモルダバイトはそこにあり、太古から私たちにとって特別なものです。

モルダバイトは隕石衝突によるインパクトで生成されるテクタイトの一種で天然ガラスです。巨大隕石が地球に衝突したことによりモルダバイトができたという説が一般的です。

直径1.5キロメートルの大きな隕石が地球に近づくと、高温になった隕石直前のエアクッションにより地表に到達する前から大地がとけだすほどの凄まじさで、大気は爆発により引き裂かれ真空の泡の中でテクタイトが生まれました。テクタイトが生まれる瞬間は非常に短時間で、隕石が地球に衝突する前におこり、上昇する高熱の大気の柱はクレーターから450キロ離れたところまで放出するほどの勢いでテクタイトを巻き込みました。空高く巻き上がったテクタイトはやがて大地に降り注ぎました。
モルダウ川(ヴルタヴァ川)流域で発見されたテクタイトは、川の名前に因みモルダバイトと呼ばれています。

ところで、聖杯は空から降ってきたエメラルドで作られたともいわれています。空から降ってきたエメラルドのイメージは、このモルダバイトの誕生の光景を思わせます。

さて、その隕石がつくったクレーターはネルトリンガー・リースクレーター(たんにリースクレーターともいわれます)という名前でドイツにあります。実はそのリースクレーターから42キロ離れたシュタインハイム盆地にもクレーターがあります。リースクレーターよりは小さなものですが、モルダバイト誕生のきっかけとなったディープインパクトを引き起こした巨大隕石と同じタイミングで地球に衝突してきたと推測されています。その大きなクレーターの方、直径23キロのリースクレーターの上には円周3キロほどの円形の市壁に囲まれたネルトリンゲンという美しい街があります。

隕石衝突の衝撃圧によってのみ形成される「スティショバイト」、「コーサイト」という鉱物がありますが、ネルトリンゲンの中心に建つ教会の建築石材からはコーサイトが発見されています。それまではリースクレーターは隕石衝突によるものという解釈の他にも説がありましたが、その教会は地元石材を使って建てられていたので、この発見により隕石衝突によるものだと証明できました。

実はネルトリンゲンの地質が月面と似ているということで、1970年代にNASAはアポロ14号と17号の飛行士をそこへ行かせ月面調査の訓練をさせています。ネルトリンゲンの中心にある教会横にはホテルがありますが、そこは訓練していた飛行士達が滞在していたホテルで当時の彼らの大きな写真が飾られています。
そして街中にはリースクレーター博物館もあります。そこではNASAから感謝の印として贈られた月隕石が展示されています。



【 ガラスについて 】

ガラスの中で動くモルダバイトの音を楽しめるよう、玉ねぎのようなフォルムにしました。
このピアスは下部に小さな通気口が空いています。

工房でひとつひとつ丁寧に制作しています。ガラスはホウケイ酸ガラス(ボロシリケイトやパイレックスとも呼ばれています)という特殊ガラスを使用しています。試験管などの理化学器具で使われることが多いガラスで扱いやすく軽いのが特徴です。



【 金具について 】

フック部分は14kgf(14k金張り)からできています。金張りは金メッキよりも金の層が厚いので長期間使用しても剥げにくく、安心してお使いいただけます。
フックの幅は指で優しく押し広げたり狭めたりすれば、耳たぶの厚さに合わせていただけます。



【 クリエーターMutsukoから 】

モルダバイトは星々のささやき声のように感じます。意識しようとしなければ気がつかない、聞こえないほど繊細で高い音。

私達は夜空の星を見守り、星々も私たちを見守っています。夜空に輝くたくさんの星々を見上げた時の故郷回帰のメランコリーともいえる切なさや、地球にも繋がっていたいけれど、星々にも繋がっていたい、そんな想いがこのピアスを作らせました。

頭を大きく振るとモルダバイトがガラスドームの中で動き、おもちゃのような可愛い音をお楽しみいただけます。


実は何年も前に同じようなデザインのものを販売していましたが、技術力が必要なデザインでコストが高くなってしまうこと、さざれ状のモルダバイトが入手できなくなったこと等で結局廃盤となっていました。

モルダバイトもガラス質なので、モルダバイトがガラスドーム内で動いた時に薄く鋭い端部分が欠けないよう工夫してあります。ひとつひとつの粒が小さすぎるため研磨屋さん達にはことごとく首を横に振られたり、研磨することで磨りガラスのようにモルダバイトが曇ってしまったり。手を加えすぎずモルダバイト特有のピュアさを生かしながら角を取るためにどんな加工がいいか等、何年も実験を重ねました。モルダバイトの形やドームの形を改良し、より良心的な価格でお届けすることができ感無量です。

前述の通り、モルダバイトが生まれるきっかけとなった隕石により生じたクレーターの上にはネルトリンゲンという町があります。市壁に囲まれたその町の中心に建つ教会から見渡したリースクレーターはモルダバイトのような美しい緑だったのが印象的でした。



※手づくりなのでひとつずつ形が異なります。
※モニターにより実際の見え方と異なる場合がございます。

おすすめ商品