月隕石(NWA11273)ペンダントトップ/大河

■サイズ 約全長25mm・あつみ18〜20mm・ループ6mm
■重 さ 8.5g
■月隕石 NWA11273
■周りの素材 ガラス



ガラスの中に月隕石が入っているペンダントトップです。
ガラスというより水のような印象です。



【 月隕石について 】

現在地球上にある月の石は、ソ連のルナ計画や米国のNASAがアポロ計画により持ち帰ったもの、そして隕石として地球に落下してきたものです。
NWA11273は月に他天体が衝突しその破片が地球に降って来た月由来の隕石で、2017年にサハラ砂漠で発見され、その後モロッコのディーラーから3人の隕石ハンターに買い取られました。研究機関でこの隕石の成分を調べると、月由来のものだと分かりました。このカケラは3人の隕石ハンターの中の一人から渡ってきたものです。

隕石が発見されるのは砂漠地帯である場合が多いのですが、実は南極でも数多く発見されています。南極隕石ラボラトリーでは南極地域観測隊が採集した隕石を保管しており、その数は約17,000個。実は日本は世界最大級の隕石保有国です。そして南極大陸でも月起源の隕石は見つけられています。ただ、月由来であるなしにかかわらず南極大陸で発見された隕石は、全て研究にのみ役立てられるため、市場に出ている隕石は全て南極大陸以外で発見されたものです。

火星隕石と同様、月隕石も隕石の中では大変貴重です。

The Meteoritical Societyのデータベースでもご覧いただけます。



【 ガラスについて 】

この月隕石ペンダントトップは、京都の吹きガラス工房で制作されました。
不思議な存在感を放ち神秘的な輝きです。



【 クリエーターMutsukoから 】

何年か前に北海道旅行中にガラスに恋をし、そのまま北海道の小樽へ移住しました。移住して間もなく月が胸にほしくてたまらなくなりました。今思えば、美しいガラスと美しい月を組み合わすという発想は自然なことだったと思います。ガラスも種類が沢山ありますが、結局たどり着いたのは吹きガラスでした。
最初にできあがったのは、このペンダントのようにクリアなガラスに一かけらの月が入ったものでした。月の光があたたかく胸元から広がり、月と一つに溶け合う感覚は言葉にしがたい感動があります。
これがTen Jewelryの最初の作品になり、このブランドが生まれるきっかけになりました。

このペンダントトップの気配はとてもやわらかく、調和のバイブレーションが心地よいので、心がどんどんヌーディーになっていきます。心にある無限の泉を感じ、豊かさと安心感を覚えて自分の心もよく見えてきます。迷いがなくなるので色々と決心がつくこともありそうです。でも決心という言葉からくるような厳しい印象はありません。川に例えるなら、激流のなか決死の覚悟でボートをこいで目的地に行くというよりかは、たおやかに流れる川をボートに乗っていたら自然に川の流れが運んでくれたようなイメージです。心がクリアになるのと同時に、心がオープンになるので構えなくても自然に行動へ移していけそうなゆとりを感じました。
そんな印象を受けたのでこのペンダントトップのサブネームは「大河」にしました。



※チェーンは別売りです。

在庫状況 1個
販売価格
32,400円(税込)
購入数